くすみを取りたいあなたにはピーリングがおすすめ!

MENU

今すぐにくすみを取りたいならピーリングがおすすめ!

加齢とともにお肌のターンオーバー(新陳代謝)の周期が遅れると、本来であれば新しい角質細胞によって押し出され剥がれ落ちるはずのお肌の表面いある古い角質細胞が剥がれずにお肌に留まります。そうなると、お肌の角質が厚くなり、透明感が損なわれ、お肌がくすんで見えるようになります。

 

この角質肥厚が原因でくすみを起こしている場合、本来は保湿が必要なのですが、角質が厚く硬くなってしまった状態で保湿成分配合の美容液などを塗ってもなかなかお肌の奥にまで成分が浸透しません。

 

そこで登場するのがピーリングです。一度古くなって硬くなった角質を専用の薬剤などで溶かして剥がすことで、角質層のくすみを改善し、美容液などの有効成分もお肌の内部に浸透しやすくなり、結果としてくすみ予防にもつながります。

 

またピーリングには、真皮がコラーゲンを生成するのを促進する効果も期待できるといわれています。加齢にともない開いた毛穴を引き締め、シミやお肌のたるみ予防などのエイジングケア効果も期待できます。

 

ピーリングの方法にはいくつかの種類があります。

 

皮膚科で行う方法

 

ケミカルピーリングと言って、皮膚表面に専用の化学薬品を塗布し、古くなった角質を剥がす方法です。この方法はニキビ肌やシミなどの治療として行われることも多く、専門の治療法として確立しています。一般的に、皮膚科以外にもスキンケアクリニック、エステサロンなどで受けることが可能です。

 

専用の石鹸を使う方法

 

ケミカルピーリングと同等の効果を自宅で実現できるように作られたのがピーリング専用の石鹸です。コスト面で圧倒的に安く済む反面、自己判断で行うためお肌トラブルの危険がついてまわります。というのも、ピーリング剤の成分はお肌にとって負担となるために、使用時間、使用方法、使用頻度などを厳守しないと、お肌を傷つけてしまい結果としてくすみ以外にもシミやシワなどの原因となってしまいます。

 

具体的な使用方法としては石鹸をしっかり泡立て、お肌に乗せ所定の時間放置するだけですので簡単です。あとは、皮膚の表面を軽く擦ると古くなった角質が垢のようにぽろぽろと剥がれていきます。ただ、角質を取りたいあまりゴシゴシ強く擦ったり、毎日のようにピーリングしたりするのは逆効果になるのでNGです。頻度としては、1〜2週間に1度程度が望ましいと言われています。

 

専用の器具を使う方法

 

ピーリングしながら同時にイオントリートメントでお肌の潤いケア、マイクロカレントでハリ肌ケアまで出来る専用の美容機器があります。

 

ピーリング方法

 

こういった専用の器具を使うことで自宅にいながら簡単にローコストでお肌の角質ケアが出来ます。皮膚科やエステサロンだと累計で数十万円のお金がかかることも少なくありませんが、こういった専用の器具を使うことでコストを下げることが可能です。一度購入すれば何度も使うことが出来るのも経済的です。

 

最後にピーリングを行う際の注意点があります。

 

ピーリングを行った後はセラミドやコラーゲンなど保湿成分をたっぷり配合している美容液や保湿液でしっかりスキンケアをするようにして下さい。ピーリング自体はお肌にとって負担にになるので、適度に行うことが大切だということを忘れないようにしましょう。

 

 

関連記事

くすみづらい洗顔方法とは?

くすみが解消する洗顔料おすすめはコレ!